2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

高校受験

勉強はそれほど好きでは無かったが何故か成績は良かった。ほどほどには勉強もしたが、理科と数学は勉強しなくても点数は取れた。

定期的にアチーブテストと言うのを受験したが、成績はTOP5を維持していたし、一時はいつも一番で日比谷高校に入ったY君の上を行ったことも有った。

担任のk先生は、普通高校に行って行く行くは国立大を目指せ等と薦めてくれたが、のんびり工業系に入って好きな機械で遊びたかった。両国高校など行く気は全くなかった。

本当を言うと、工業高校に入ればがむしゃらに勉強しなくても済むと思って居た。

ところが、、、

受験本番の最後のアチーブが学年で16番に落ち込んで担任の先生に呼ばれる。

「このままじゃ両国はおろか、蔵前工高だって危ないよ。」、、ってんで、このことを聞き及んだ親父が3畳ほどの勉強部屋を作ってくれた。

人生この時季が最も必死こいて勉学に励んだのか。

親父はこの部屋を「学問所」と名付けてくれたのだった。

2010年3月24日 (水)

中三になって

中二までは音楽は男の先生だったが、中三になってピアノが素晴らしい美人の先生に出会う。

高校受験9科目に入っていたかはすっかり忘れたが、この先生は受験の音楽理論より音楽の楽しさを目覚めさせてくれた。

授業を終えて次のクラスの教壇に立つ前の僅かな休み時間に、音楽好きの雄志(たしか5人くらい)を前に得意の曲を演奏してくれた。

モーツァルトのトルコ行進曲の躍動感に酔ったものだ。他にどんな曲を演奏してくれたかは残念ながら思い出せない。

当然ショパンも弾いて下さったと思うが、出て来ないのだ。先生(藤田先生)は多分ご存命だろうから何とか再会したいものだ。

このブログの草案はベッドに入って考えているが、書きたいことが有りすぎて纏まらず、また古き佳き時代を考えていると感傷的になって来るもの。

よって次稿も時間軸が定まらないものになることだろう。コレでイイのだ。

2010年3月20日 (土)

深川2中に入学

校舎は明治小学校と講堂を介した同じ建物で、慣れ親しんだとは言え勉学に燃えていた、、、のは全く記憶にない。

学級委員になって生徒会活動にも駆り出されてあっという間に3年生。

この間、2年生の時に英語担任の先生の推薦で校内スペリングコンテストなるものに出さされて、何と優勝してしまったのだ。

朝礼の時に校長先生から賞状を授与されたが、「賞状授与は先ず左手を差し出して右手を添える」と教わる。(証拠が無いので自慢話も遠慮がち( ;・・)_ スゴスゴ)

3年生ともなると高校受験一本槍になり、みんなは補習を必死こいていたが私は勉強が嫌いだったのでFM放送ばかり聴いていた。

たしかFM放送は実験放送を開始したばかりで、当初は午前0時10分頃からだった、が放送は段々遅くなって、0時30分→同50分→1:00となった。

当時は4当5落(睡眠時間が5時間だと落ちるの意)と言って勉強一筋だったような記憶が、、、全くないのだ。

つづく

2010年3月16日 (火)

ギター音楽との出会い

ブログのテーマが今ひとつ定まらないので、クラシック音楽との出会いからギター音楽に辿り着くまでを綴ってみることにしよう。> 自分史の記録。

小学校時代は音楽というものには全く無縁で、4年生あたりから勉強のしすぎ?で眼鏡着用の身となった。

そして、それは深川・明治小学校5年生の何時頃の事だったか、体育館兼講堂にオーケストラが来たのだった。

全校児童だったか4年以上だったか定かではないが、満員の講堂でズッペ(現代はスッペ?)の「軽騎兵序曲」が演奏されたのだ。

オーケストラの名前は全く覚えていないが、あの躍動感に圧倒されて何日も余韻に浸り一気にラヂオ(notラジオ)のクラシック音楽にのめり込んで行った。

小遣いを貯めてレコードを買いに走る前に、レコードプレーヤーが必要な事がワカッタ。ナカナイノ

中一になって小銭が貯まり、秋葉原にプレーヤーの部品を仕入れに行くことになるが、これまた奥が深いと言うか、こちらがドシロートなので雑誌を買って研究?を始める事になった。

つづく

2010年3月 8日 (月)

リハビリ中

半年くらい前から原因不明の腰痛に悩まされている。

椅子に30分以上、運転も30分も続けていると固まってしまい、席から立つのがやっと。

数歩歩くと徐々にほぐれて来て、何とか前進は出来るものの500メートルが限界。

かかりつけの整形外科の先生が言うには

「CT画像を見ても神経系統は私よりしっかりしていて、ここんとこの形も素晴らしいです。

リハビリテーション病院を紹介しますので少しずつ体を伸ばしてみましょう。決して整体師に揉んでもらってはいけません。」

このことはお友達の尾張の脳外科医の先生も仰ってた。>持つべきは友。

・・

で入浴中のリハビリを行うべく浴槽を換えることにした。

現在のものは新築当時(40年前)のボックス型でしゃがんで入るヤツで長~い?足を延ばせない。

導入を検討中のものは50センチも長くて(現状70cm→120cm)、これなら屈伸運動も楽に出来る。

メーカーはtoto、INAX、クリナップを検討中だがクリナップは高い、totoがリーズナブルで良さそう。

バスタブの形状や色は、色々の種類が有って選ぶのも迷う処だが、これも楽しみのひとつだ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »